【無法地帯】数時間で約500%の変動率!「現物かのように」取引できると噂のZaif(ザイフ) AirFXのチャートは命を刈り取る形をしていた。

AirFXとは?


AirFXとはZaifが提供しているBTC/JPYの取引で、現物取引に近い感覚で利用できる(と謳っている)デリバティブ取引サービスです。
具体的には、
・先物のような期限到来による決済がない
・追証なし
・独自の価格乖離解消機構による現物に近い価格での取引
上記の利点を持ちつつ、高いレバレッジ(最大25倍)でビットコインの取引ができることが最大の魅力です。
もっと詳しい詳細を知りたい方はザイフの公式ページで確認してください。

AirFXって実際どうなの?

ここ数週間、ビットコインが下落基調なのでショートポジションが持ちたくなり、魅力的な謳い文句で常々気になっていたAirFXのチャートを覗いてみました。すると、思わぬ光景を目にすることに・・・

現物との価格乖離や価格の乱高下を繰り返すAirFX相場

筆者の記事執筆時点(7/16午前2時前後)のZaifのBTC/JPYの現物チャート(日足)がこちら。これはこれで、なかなか破壊力のある形のチャートなんですが、

同時刻のAirFX(BTC/JPY)のチャート(日足)がこちら。7万円台まで急落した後、その数時間後には約五倍の35万円強まで急伸。これ、まともに生き残れた人いるんでしょうか?(苦笑

何が起きているのかと言うと恐らく、参加者が少なく商いが非常に薄い為に大口の参加者が荒らし放題の無法地帯のような状況が起こっているのだと考えられます。
本日は特に極端な例ですが、日足のチャートを見ると異常な価格の髭がチラホラと飛び出ているのが見受けられるので、現物との価格乖離と乱高下は日常的に起きている様です。他にも、商いの薄さ故に長期間レートが変動しないこともあるので、まとまった額のポジションを持ってしまうと決済に困るというような事も起こり得るでしょう。

初心者や、真面目にトレードしたい人にはおすすめできない

TwitterでAirFXと検索すると注意喚起や被害者の叫び等で溢れています。

カタログスペックでは優秀なので比較ブログなどでおすすめされていることもあるAirFXですが、参加者の少ない現状では非常にリスクが高いため、筆者としてはとてもじゃないですがおすすめできません。AirFXは仕組みが為替のFXとやや似ているので、為替から入ってきて初めて仮想通貨を取引するような方は気になると思いますが、そういった方は素直に現物取引をするかもしくは追証なしのレバレッジ取引がやりたいならビットバンクのBTCFX辺りを推奨します。(BTCFXの登録はこちらから。リンクから登録すると取引手数料が割引されます。)
それでもビッグウェーブ(値幅的な意味で)に乗りたいという人は自己責任で。

今後に期待

AirFXの仕組み自体は非常に魅力的なので今後、参加者が増える様であれば有力なサービスになっていく可能性は高いと思います。
余談ですが、AirFXを運営しているZaifはネム(xem)、カウンターパーティートークン(xcp)、モナコイン(mona)等を扱っている老舗の国内取引所なので口座を持っておくと便利です。(Zaifの登録はこちらから。)

コメント

もっと読み込む

Choppy

トレード歴9年。暗号通貨歴2年目。日本株、為替も触っていますが最近はビットコインのFX取引とICOメイン。

関連記事