五分で出来る!仮想通貨取引所の「2段階認証」は必ず設定しておこう

二段階認証とは


二段階認証とは、アカウントへのログイン時に通常のIDとパスワードに加えてスマートフォンで生成した認証コードを利用することでアカウントのセキュリティを向上させる仕組みです。五分程度で簡単に設定できるので、仮想通貨取引所を利用する際には必ず設定しておきましょう。

二段階認証のメリット

2段階認証は取引所のパスワードがなんらかの原因で流出した際等にアカウントのセキュリティを守ってくれる役割を果たします。不正アクセスにより仮想通貨が盗難される事件は頻繁に発生しているので、仮想通貨取引所を利用する際には必ず設定するように心がけましょう。
また、コインチェックやビットフライヤー等の国内取引所ではアカウントのハッキング被害に会った際、二段階認証済みのユーザーを対象に損失金額の補償を行っており、設定を行っていない場合こういったサービスを受けられないことになってしまいます。

設定方法

認証アプリのダウンロード

2段階認証の設定にはスマートフォンを使用する為、取引所のページで設定を行う前にあらかじめ下記の二段階認証用のアプリをスマートフォンにダウンロードしておきましょう。
取引所によって対応アプリはまちまちですが、グーグルの「Google Authenticator」であれば現状殆どの取引所で対応しています。

iOSの場合
Google Authenticator

Androidの場合
Google 認証システム

サイトに表示されたQRコードの読み込み

アプリのダウンロードが終わったら、取引所の二段階認証設定用のページを開きます。(今回はコインチェックの画像を例に説明します。)


二段階認証設定用のページに表示されているQRコード(黒塗り部分)を先程ダウンロードした認証用のスマートフォンアプリでスキャンします。


アプリを起動し、右上の「+」ボタンをタップ後、「バーコードをスキャン」を選択。カメラが起動するのでバーコードを読み込みます。
※アプリの初回起動時は「設定を開始」ボタンをタップ後、「バーコードをスキャン」を選択。

アプリで生成されたトークン(認証番号)の入力


スキャンに成功すると、画面に六桁の数字(認証トークン)が表示されるので、取引所の二段階認証設定用のページに入力します。

以上で、設定作業は完了です。(今後のログインに必要になるので、設定完了後も「Google Authenticator」のアプリ本体及びアプリに登録した内容は削除しないように注意しましょう。)

コメント

もっと読み込む

Choppy

トレード歴9年。暗号通貨歴2年目。日本株、為替も触っていますが最近はビットコインのFX取引とICOメイン。

関連記事