仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の特徴・評価・注意点など詳細まとめ(ビットコイン・アルトコイン取引所)

Zaif(ザイフ)とは


Zaif(ザイフ)は2015年3月から営業を開始した国内の仮想通貨取引所です。運営はテックビューロ株式会社が行っており、同社代表の氏はオープンソースのブロックチェーンプロジェクト「NEM(ネム)」のディレクターを務めていることでも有名です。

Zaifの口座開設はこちら

取り扱い通貨数

ビットコインの他、以下の通貨(アルトコイン)が取引可能です。(2017/08/02現在)
・NEM(ネム)
・MONA(モナコイン)
・XCP(カウンターパーティー)及び関連トークン

サービス一覧

Zaifコイン積立


Zaifコイン積立では、登録した銀行口座から毎月固定額を自動引き落としを行い、純金積立のような感覚で仮想通貨購入をすることができるサービスです。

簡単売買


ビットコイン及びモナコインを購入できるサービスです。オーダーブックの見方や指値注文のやり方がわからなくても簡単に仮想通貨が購入できます。

信用取引

最大7.77倍のレバレッジでビットコインの信用取引を行うことができます。なお、追証は発生しません。

先物取引


最大25倍のレバレッジでビットコインの先物(4半期)の取引ができます。なお、追証は発生しません。

AirFX


上記の先物(4半期)に加え、AirFXという現物取引に近い感覚で利用できるZaif(ザイフ)独自の先物取引サービスを提供しています。
具体的には、
・先物のような期限到来による決済がない
・追証なし
・独自の価格乖離解消機構による現物に近い価格での取引
上記の利点を持ちつつ、高いレバレッジ(最大25倍)でビットコインの取引ができることが最大の特徴になっています。

チャート


TradingViewを採用しており、様々なインジケーターを利用できます。チャートへの書き込み機能も充実しており、トレンドラインは勿論テキストや様々なアイコンも設置することができます。

他の取引所にはないメリット・こんな人におすすめ

NEM(ネム)の売買におすすめ

現状、NEM(ネム)の売買ができる国内取引所はZaif(ザイフ)とCoincheck(コインチェック)の二つです。
Coincheck(コインチェック)ではNEMの購入の際に4パーセント程度のスプレッド(手数料のようなもの)が存在するのに対し、Zaif(ザイフ)では0~0.1パーセント程度の低い手数料で購入できます。
また、オーダーブックや指値注文を利用してNEM(ネム)が購入できるのもZaif(ザイフ)のみとなっています。

カウンターパーティー上のトークンが売買できる

現状ではカウンターパーティー上のトークンを取り扱っている唯一の国内取引所なので、PEPECASHやBCY(ビットクリスタル)を売買してみたい方にはおすすめです。

ビットコイン/日本円を行うとキャッシュバックがもらえる

ビットコインの取引時にマイナス手数料(-0.01%)を導入しているため売買を行う度にキャッシュバックを受けることができます。

注意点

Zaif(ザイフ)の魅力の一つである先物取引やAirFXですが、現状では参加者が非常に少ないため現物との価格乖離が大きくリスクが高いものとなっているので取引には注意が必要です。
参考:【無法地帯】数時間で約500%の変動率!「現物かのように」取引できると噂のZaif(ザイフ) AirFXのチャートは命を刈り取る形をしていた。

取引詳細

証拠金取引

  レバレッジ ロスカット率 追証
信用取引 7.77倍 50% なし
先物取引(4半期物) 25倍 30% なし
AirFx 25倍 30% なし

入金方法

クレジットカード/銀行振込/クイック入金/コンビニ決済

手数料

ビットコイン -0.01%
その他通貨 0〜0.01%

通貨ペア

BTC/JPY
XEM/JPY
MONA/JPY
XEM/BTC
MONA/BTC
XCP/JPY
XCP/XCP
その他、カウンターパーティー上のトークン等

セキュリティ

ログイン時に二段階認証を設定可能です。

Zaifの口座開設はこちら

コメント

もっと読み込む

Choppy

トレード歴9年。暗号通貨歴2年目。日本株、為替も触っていますが最近はビットコインのFX取引とICOメイン。

関連記事